2007年09月04日

聖書 ソロモンの歌 7章

聖書 ソロモンの歌 7章

7 「快く仕える娘よ,あなたの足取りは[あなたの]サンダルの中にあって何と美しいものとなったことか。あなたの股の丸みは工匠の手の業になる飾り物のようだ。2 あなたのほぞの周りは円い鉢。混ぜ合わされたぶどう酒が[それから]欠けることのないように。あなたの腹は,ゆりで周りを囲まれた,積み上げた小麦のようだ。3 あなたの二つの乳房は,二頭の若子,雌のガゼルの[産んだ]双子のようだ。4 あなたの首は象牙の塔のようだ。あなたの目はバト・ラビムの門の傍らのヘシュボンの池のようだ。あなたの鼻はダマスカスの方を見渡すレバノンの塔のようだ。5 あなたの頭はカルメルのようで,あなたの房々した髪は赤紫に染めた羊毛のようだ。王はその垂れ髪に引きつけられている。6 愛されている乙女よ,無上の喜びを与えるものの中で,あなたは何と美しく,何と快い者なのであろう。7 あなたのこの背丈は,やしの木に,あなたの乳房はなつめやしの房に似ている。8 わたしは言った,『わたしは,やしの木に上って,そのなつめやしの果梗を取ろう』と。そして,どうか,あなたの乳房がぶどうの房のようであって欲しい。あなたの鼻の香りがりんごのよう[であれ]。9 あなたの上あごが,わたしの愛する者のためになめらかに滑って,眠っている者たちの唇を柔らかに流れる最良のぶどう酒のようであれ」。

10 「わたしはわたしの愛する方のもの。あの方の渇望はわたしに向けられています。11 わたしの愛する方よ,ぜひ来てください。野に出て行きましょう。ヘンナの木の間に宿りましょう。12 早く起きて,ぶどう園に行きましょう。ぶどうの木が新芽を出したかどうか,花が開いたか[どうか],ざくろの木が花を咲かせたか[どうか]を見るために。わたしはそこで愛情の表現をあなたにささげましょう。13 こいなすも[その]香りを放ちました。わたしたちの入り口のそばにはあらゆる種類のえり抜きの果物があります。わたしの愛する方よ,わたしはあなたのために新しい物も古い物も蓄えておきました。

8 「ああ,あなたがわたしの母の乳房を吸うわたしの兄弟のようであったなら! わたしはあなたを外で見いだすなら,あなたに口づけするでしょう。人々はわたしをさげすんだりはしないでしょう。2 わたしはあなたを導き,わたしをいつも教えてくれたわたしの母の家に連れて入るでしょう。わたしは香料を加えたぶどう酒を,ざくろの新鮮な果汁をあなたに飲ませるでしょう。3 あの方の左手はわたしの頭の下にあり,その右手―それはわたしを抱くことでしょう。

4 「エルサレムの娘たちよ,わたしはあなた方に誓いを立てさせました。愛がその気になるまでは,[わたしのうちに]それを目覚めさせたり,呼び起こしたりしない,と」。

5 「自分の愛する者に寄りかかって,荒野から上って来るこの女はだれだろう」。

「りんごの木の下でわたしはあなたを呼び起こしました。あなたの母はそこであなたのために産みの苦しみを味わったのです。あなたを産んだ人はそこで産みの苦しみを経験したのです。

6 「わたしを印章としてあなたの心臓の上に,印章としてあなたの腕の上に置いてください。愛は死のように強く,全き専心に対する要求はシェオルと同じく屈することがないからです。その燃え盛る勢いは火の燃え盛る勢い,ヤハの炎です。7 大水も愛を消すことはできません。川もそれを流し去ることはできません。人が愛のために自分の家の貴重品をことごとく与えるとしても,人々はそれらのものをきっとさげすむことでしょう」。

8 「わたしたちにはまだ乳房もない小さな妹がいる。わたしたちの妹に[結婚の]申し入れのある日に,わたしたちは彼女のために何をしてやろうか」。

9 「もし彼女が城壁であれば,わたしたちはその上に銀の胸壁を築くであろう。しかし,もし彼女が扉であれば,これを杉の厚板でふさいでしまおう」。

10 「わたしは城壁です。わたしの乳房は塔のようです。こうして,わたしはあの方の目に,平和を見いだしている者のようになりました。

11 「バアル・ハモンにソロモンの所有するぶどう園がありました。[王]はそのぶどう園を番人に託しました。各々はその実のために銀千枚を持って来たものです。

12 「わたしのものであるわたしのぶどう園は,わたしの思い通りにすることができます。ソロモンよ,千はあなたのもの,二百はその実の番をする者たちのものです」。

13 「ああ,園の中に住む者よ,仲間の者たちがあなたの声に注意を払っている。わたしにそれを聞かせておくれ」。

14 「わたしの愛する方よ,走ってください。香料の山の上のガゼルか雄鹿の若子のようになってください」。
ラベル:聖書 エホバ
posted by 舞姫 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書 ソロモンの歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖書 ソロモンの歌 6章

聖書 ソロモンの歌 6章

6 「女の中で最も美しい人よ,あなたの愛する人はどこに行ったのですか。あなたの愛する人はどこへ向かったのでしょう。わたしたちはあなたと一緒にその人を捜しましょう」。

2 「わたしの愛する方は自分の園に,香料植物の苗床へ下って行きました。園の中で羊の群れを飼い,ゆりの花を摘むためです。3 わたしはわたしの愛する方のもの,わたしの愛する方はわたしのもの。あの方はゆりの中で羊の群れを飼っています」。

4 「わたしの友よ,あなたは“快い都市” のように美しい。エルサレムのように麗しく,旗の周りに隊をなす者たちのように畏敬の念を抱かせる。5 わたしの前からあなたの目をそらしておくれ。それはわたしを恐れ慌てさせたからだ。あなたの髪はギレアデから跳ねて下ったやぎの群れのようだ。6 あなたの歯は洗い場から上って来た雌羊の群れのようだ。みな双子を産み,その中のどれも若子を失ったことがない。7 あなたのベールの後ろにあるあなたのこめかみは,ざくろの片割れのようだ。8 六十人の王妃,八十人のそばめ,そして数知れぬ乙女らがいるかもしれない。9 わたしのはと,とがめのない者はただ一人。その母に属する者はただ一人。彼女は自分を産んだ者の浄い者。娘たちは彼女を見て,これを幸いな者と言い,王妃やそばめたち[も見て],彼女をたたえはじめた。10 『夜明けのように見下ろしている者,満月のように美しく,きらめく太陽のように浄く,旗の周りに隊をなす者たちのように畏敬の念を抱かせるこの女はだれですか』」。

11 「くるみの木の園にわたしは下りて行きました。奔流の谷で木の芽を見るため,ぶどうの木が新芽を出したかどうか,ざくろの木が花を咲かせたかどうかを見るためでした。12 わたしの気づかないうちに,わたしの魂は快く仕える民の兵車のそばにわたしを置きました」。

13 「帰って来なさい,帰って来なさい,シュラムの[娘]よ。帰って来なさい,帰って来なさい。わたしたちがあなたを見ることができるように」。

「あなた方はシュラムの[娘]に何を見るというのですか」。

「二つの宿営の舞のようなものを!」
ラベル:聖書 エホバ
posted by 舞姫 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書 ソロモンの歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖書 ソロモンの歌 5章

聖書 ソロモンの歌 5章

5 「わたしの妹,[わたしの]花嫁よ,わたしは自分の園に入って来た。わたしはわたしの没薬をわたしの香料と共に摘んだ。わたしはわたしの蜜ばちの巣をわたしの蜜と共に食べ,わたしのぶどう酒をわたしの乳と共に飲んだ」。

「友らよ,食べなさい! 飲んで,愛情の表現に酔いなさい!」

2 「わたしは眠っていますが,心は目覚めています。わたしの愛する方が[戸を]たたく音がします!」

「わたしの妹,わたしの友,わたしのはと,とがめのない者よ,わたしのために開けておくれ。わたしの頭は露でぬれ,わたしの髪の毛は夜のしずくで[ぬれてしまったのだ]から」。

3 「『わたしは長い衣を脱いでしまいました。どうしてまた着られるでしょう。わたしは足を洗ってしまいました。どうして汚せましょう』。4 わたしの愛する方が[戸の]穴からその手を引っ込めたので,わたしの内なる所はわたしの内で騒ぎ立ちました。5 わたしはわたしの愛する方のために開けようとして起き上がりました。わたしの手は没薬で,わたしの指は没薬の液で滴り,[それは]錠のくぼみの上に[落ちました]。6 わたしはわたしの愛する方のために開けました。しかし,わたしの愛する方は行って,通り過ぎた後でした。あの方が話したとき,わたしの魂は[わたしから]出て行きました。わたしはあの方を捜しましたが,見つかりませんでした。わたしはあの方を呼びましたが,あの方は答えませんでした。7 市を見回っている見張りの者たちがわたしを見つけました。彼らはわたしを打ち,わたしを傷つけました。城壁の見張りの者たちはわたしの幅の広い上掛けをはぎ取りました。

8 「エルサレムの娘たちよ,わたしはあなた方に誓いを立てさせました。もしわたしの愛する方を見つけたなら,わたしが愛に病んでいることをあの人に告げる,と」。

9 「女の中で最も美しい人よ,あなたの愛する人はどのようにほかの愛する人に勝っているのですか。あなたの愛する人はどのようにほかの愛する人に勝っているので,わたしたちにこのような誓いを立てさせたのですか」。

10 「わたしの愛する方はまぶしいばかり,赤みがかっていて,万人のうちの最も際立った方。11 その頭は金,精錬された金,その髪の毛はなつめやしの房,その黒い[髪]は渡りがらすのようです。12 その目は水の流れのほとりにいるはとのようで,それらは乳に身を浸し,縁の中に座っています。13 そのほほは香料の苗床,香り草の塔のようです。その唇は没薬の液を滴らせるゆりの花。14 その手は貴かんらん石で満ちた金の円柱。その腹はサファイアで覆われた象牙の皿。15 その脚は,精錬された金の受け台に立てられた大理石の柱。その姿はレバノンのようであり,杉のようにえり抜きのもの。16 その上あごは非常に甘く,あの方のすべてが全く望ましいものなのです。エルサレムの娘たちよ,これがわたしの愛する方,これがわたしの友なのです」。
ラベル:聖書 エホバ
posted by 舞姫 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書 ソロモンの歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖書 ソロモンの歌 4章

聖書 ソロモンの歌 4章

4 「ご覧,わたしの友よ,あなたは美しい。ご覧,あなたは美しい。あなたの目はベールの後ろにあって,はと[の目]のようだ。あなたの髪はギレアデの山地から跳ねて下ったやぎの群れのようだ。2 あなたの歯は洗い場から上って来た毛を刈ったばかりの[雌羊の]群れのようだ。みな双子を産み,その中のどれも若子を失ったことがない。3 あなたの唇は緋の糸のようだ。そして,あなたの話し方は快い。あなたのベールの後ろにあるあなたのこめかみは,ざくろの片割れのようだ。4 あなたの首はダビデの塔のようだ。それは石の行路に建てられており,その上には千の盾,力ある者たちのすべての円盾が掛けてある。5 あなたの二つの乳房は,ゆりの花の間で草を食べている二頭の若子,雌のガゼルの[産んだ]双子のようだ」。

6 「日がいぶき,影が去ってしまうまで,わたしは没薬の山に,乳香の丘に進んで行きます」。

7 「わたしの友よ,あなたは全く美しい。あなたには欠けたところがない。8 花嫁よ,レバノンからわたしと一緒に,レバノンからわたしと一緒に来るように。アンティ・レバノンの頂から,セニルすなわちヘルモンの頂から,ライオンの巣穴から,ひょうの山から下りて来るように。9 わたしの妹よ,[わたしの]花嫁よ,あなたはわたしの心を躍らせた。あなたはあなたの目の一つによって,あなたの首飾りの下げ飾り一つによってわたしの心を躍らせた。10 わたしの妹よ,[わたしの]花嫁よ,あなたの愛情の表現は何と美しいのだろう。あなたの愛情の表現はぶどう酒よりも,あなたの油の香りはどんな種類の香物よりもはるかに優れている。11 [わたしの]花嫁よ,あなたの唇は蜜ばちの巣の蜜をもって滴りつづける。蜜と乳があなたの舌の裏にあり,あなたの衣の香りはレバノンの香りのようだ。12 わたしの妹,[わたしの]花嫁は横木で閉じられた園。横木で閉じられた園,封じられた泉。13 あなたの肌はざくろの庭園。[そこには]えり抜きの果物,ヘンナの木,それに甘松の木がある。14 甘松とサフラン,籐と肉桂,それにあらゆる種類の乳香の木,没薬とじん香,さらにすべての最良の香物がある。15 [そして,]園の泉,新鮮な水を出す井戸,またレバノンから滴り出る流れ。16 北風よ,目覚めよ。南風よ,入れ。わたしの園の上に息を吹きかけよ。その香物を漂わせよ」。

「わたしの愛する方が自分の園に入って来て,そのえり抜きの実を食べますように」。
ラベル:聖書 エホバ
posted by 舞姫 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書 ソロモンの歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖書 ソロモンの歌 3章

聖書 ソロモンの歌 3章

3 「わたしは夜,寝床で,わたしの魂の愛している方を捜しました。わたしはあの方を捜しましたが,見いだせませんでした。2 どうか,わたしを立たせて,市の中を行き巡らせてください。わたしの魂の愛している方を,ちまたや公共広場の中で捜させてください。わたしはあの方を捜しましたが,見いだせませんでした。3 市の中を行き巡っていた見張りの者たちがわたしを見つけました。『わたしの魂の愛している人をあなた方は見ませんでしたか』。4 彼らから離れると間もなく,わたしはわたしの魂の愛している方を見つけました。わたしは彼をとらえて,離そうとはしませんでした。そして,わたしの母の家に,わたしを身ごもった[母]の奥の部屋にあの方を連れて来ました。5 エルサレムの娘たちよ,わたしはあなた方に雌のガゼルや野の雌鹿をさして誓いを立てさせました。愛がその気になるまでは,[わたしのうちに]それを目覚めさせたり,呼び起こしたりしない,と」。

6 「没薬や乳香,いえ,貿易商のあらゆる種類の香粉でにおっている,煙の柱のように荒野から上って来るこのものは何でしょう」。

7 「ご覧なさい,それは[王]の寝いす,ソロモンのものです。イスラエルの力ある者の中から六十人の力ある者がその周りにいます。8 みな剣を持ち,戦いを教えられた者たちで,各々夜の怖れのために剣を股に帯びています」。

9 「それは,ソロモン王が自分のためにレバノンの木から作ったつり台です。10 [王]はその柱を銀で,その支えを金で作りました。その座は赤紫に染めた羊毛でできており,その内側はエルサレムの娘たちが愛をこめて取り付けたものです」。

11 「シオンの娘たちよ,出て,花冠をつけたソロモン王を見なさい。それは,[王]の結婚の日,その心の歓びの日に,[王]のためにその母が編まれたものです」。
ラベル:聖書 エホバ
posted by 舞姫 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書 ソロモンの歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖書 ソロモンの歌 2章

聖書 ソロモンの歌 2章

2 「わたしは沿岸の平原のただのサフラン,低地平原のゆりです」。

2 「娘たちの中にあって,わたしの友は,とげ草の中のゆりのようだ」。

3 「子らの中にあって,わたしの愛する方は森林の木々の中のりんごの木のようです。わたしはその陰を恋い慕い,そこに座りました。その実はわたしの上あごに甘かったのです。4 あの方はわたしをぶどう酒の家に連れて行きました。わたしの上に翻るあの方の旗は愛でした。5 あなた方は干しぶどうの菓子でわたしを元気づけてください。りんごでわたしの力を保たせてください。わたしは愛に病んでいるからです。6 あの方の左手はわたしの頭の下にあり,その右手―それはわたしを抱くのです。7 エルサレムの娘たちよ,わたしはあなた方に雌のガゼルや野の雌鹿をさして誓いを立てさせました。愛がその気になるまでは,[わたしのうちに]それを目覚めさせたり,呼び起こしたりしない,と。

8 「わたしの愛する方の声です! ご覧なさい,あの方がやって来ます。山を登り,丘の上を跳びはねるようにして。9 わたしの愛する方はガゼルか雄鹿の若子に似ています。ご覧なさい,あの方はわたしたちの壁の後ろに立っています。窓からじっと見ています。格子越しにそっと見ています。10 わたしの愛する方は答えて,わたしに言いました,『わたしの友よ,わたしの美しい人よ,立って一緒においで。11 ご覧,雨期も過ぎ,大雨も終わって通り過ぎた。12 花も地に現われ,ぶどうの木を刈り込む時が来た。そして,やまばとの声もわたしたちの地で聞かれるようになった。13 いちじくの木は,早なりのいちじくのために色が熟し,ぶどうの木は花を開いて,[その]香りを放っている。立って,来なさい。わたしの友よ,わたしの美しい人よ,一緒においで。14 大岩の隠れ場に,険しい坂道の隠れ場所にいるわたしのはとよ,あなたの姿を見せておくれ。あなたの声を聞かせておくれ。あなたの声は快く,あなたの姿は麗しいからだ』」。

15 「お前たちはわたしたちのためにきつねをつかまえよ。ぶどう園を荒らしている小ぎつねらを。わたしたちのぶどう園は花を開いているからだ」。

16 「わたしの愛する方はわたしのもの,わたしはあの方のもの。あの方はゆりの中で羊の群れを飼っています。17 わたしの愛する方よ,日がいぶき,影が去ってしまうまで,振り向いてください。分離の山々の上のガゼルか雄鹿の若子のようであってください。
ラベル:聖書 エホバ
posted by 舞姫 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書 ソロモンの歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖書 ソロモンの歌 1章

聖書 ソロモンの歌 1章

1 ソロモンのものである最も優れた歌。2 「あの方が口づけをもってわたしに口づけしてくださるなら。あなたの愛情の表現はぶどう酒に勝るものだからです。3 あなたの油は香りの良いものです。あなたの名は注ぎ出される油のようです。ですから,乙女らはあなたを愛したのです。4 あなたのもとにわたしを引き寄せてください。一緒に走りましょう。王はわたしを奥の部屋に連れて来ました! わたしたちはあなたのことを喜び,歓び楽しみましょう。ぶどう酒よりもあなたの愛情の表現を語り告げることにしましょう。彼女らがあなたを愛したのは当然のことなのです。

5 「エルサレムの娘たちよ,わたしは色の黒い娘です。でも,麗しい。ケダルの天幕のようです[が],ソロモンの天幕布のようです。6 わたしの色が黒いからといって,太陽がわたしを見たからといって,あなた方はわたしを見つめないでください。わたしの母の子らはわたしに対して怒り,わたしにぶどう園の番をさせました。[ですが,]わたしは,わたしのぶどう園,自分の[ぶどう園]の番はしませんでした。

7 「わたしの魂の愛している人よ,どうかわたしに告げてください。あなたはどこで羊の群れを飼っているのですか。真昼にはどこに羊の群れを伏させるのですか。一体,わたしはなぜあなたの仲間の家畜の群れの中で,喪に服して身を包む女のようにならなければならないのでしょう」。

8 「女の中で最も美しい人よ,あなたが自分で知らないのなら,自分で羊の群れの足跡について出て行き,羊飼いたちの幕屋のそばであなたの子やぎらに草を食べさせなさい」。

9 「わたしの友よ,わたしはファラオの兵車のわたしの雌馬にあなたを例えた。10 あなたのほほは編み毛の間にあって麗しく,あなたの首は飾り玉をつないだ輪の中にあって[麗しい]。11 わたしたちはあなたのために金の飾り輪を作ろう。それと共に銀の飾りびょうも」。

12 「王がその円卓に着いておられる間,わたしの甘松は香りを放ちました。13 わたしの愛する方はわたしにとって没薬の袋のようです。あの方はわたしの乳房の間で夜を過ごすでしょう。14 わたしの愛する方はわたしにとってエン・ゲディのぶどう園にあるヘンナの花房のようです」。

15 「ご覧,わたしの友よ,あなたは美しい。ご覧,あなたは美しい。あなたの目は,はと[の目のよう]だ」。

16 「ご覧ください,わたしの愛する方,あなたは美しく,それに快い方です。わたしたちの寝床もまた,青葉の[寝床]です。17 わたしたちの壮大な家の梁は杉,垂木はねずの木なのです。
ラベル:聖書 エホバ
posted by 舞姫 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書 ソロモンの歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。