2007年08月27日

インターネットの使用―その危険に注意してください

ばら12.jpg

インターネットの使用―その危険に注意してください

1 エホバの民は健全な交友に恵まれています。野外宣教の経験を分かち合い,世界中でエホバの証人や王国の業に関して生じている出来事について聞けることを感謝しています。兄弟たちの身に危機や自然災害といった何か大変なことが起こるなら,その情報を聞き,助けになれることがないか知りたいと願います。そうした気遣いは兄弟関係によって結ばれていることを表わすもので,互いに愛し合っていることを確かに示しています。―ヨハ 13:34,35。

2 現在,わたしたちは世界中で起こった事をすぐ耳にします。ラジオやテレビ放送は出来事の詳細を世界中の視聴者に生中継で伝えます。電話のおかげで世界中の人たちと連絡をすぐに取ることができます。近年のコミュニケーション事情において一世をふうびしているのはインターネットです。―「目ざめよ!」誌,1997年7月22日号をご覧ください。

3 電話機の発明によって,世界中にいる人とすばやく連絡が取れるようになりました。電話はたいへん便利なものですが,その利用法には注意が要ります。不適切な交わりや活動の道具ともなり得ますし,使いすぎるなら電話代がかさみます。テレビやラジオは教育の分野で役に立つ大きな可能性を持っています。しかし残念ながら,退廃的で,時間の無駄になるような番組も少なくありません。知恵を働かせるなら,テレビやラジオを使用するとき,よく番組を選ばなければならないことが分かります。

4 インターネットは,さほど費用もかけずに世界中にいる何百万という人と連絡を取り合うことを可能にしました。また,情報を膨大な量の中から引き出せます。(「目ざめよ!」誌,1998年1月8日号)ところが,見境のないインターネットの使用は,人を霊的な,また道徳的な危険にさらすものともなり得るのです。なぜそう言えるのでしょうか。

5 爆弾を初めとする,武器の製造法に関する情報までもたやすく入手できることに懸念を表明する人も少なくありません。企業は,従業員がインターネットで多くの時間を無駄にすると不満を述べます。協会の出版物は,インターネットで出会う明らかに霊的に危険となるものについて多く触れてきました。暴力的で,ポルノを含む,クリスチャンには全くふさわしくない情報が載せられたウェブサイトは非常に多くあります。(詩 119:37)そうした危険に加えて,エホバの証人がとりわけ警戒する必要のある,油断できない危険もあります。どんな危険でしょうか。

6 あなたは,何者か分からない人物を確かめることなく自分の家に招き入れますか。その人物について調べる方法が何もないならどうしますか。子どもがひとりでその人と過ごすことを許しますか。インターネットがそのようなものになる可能性については否定できません。

7 電子メールを使えば,自分の知らない人とやりとりすることができます。同じように,フォーラム(会議室)やチャット・ルーム(おしゃべりの部屋)に入れば,コンピューターを用いて会話することもできます。その参加者が時折,自分はエホバの証人だと述べるかもしれません。しかし,実際には証人でないこともあります。自分は若者だと言う人もいるかもしれませんが,そうでないこともあるのです。性別を偽る人さえいます。

8 経験や,信条に関する意見という形で,あなたに情報が回ってくるかもしれません。その情報を他の人々に回すと,今度はその人々が他の人にそれを回します。通常,こうした情報にはそれを証明するものがありませんし,不正確なものかもしれません。背教者の論法を広めるためにカモフラージュをした意見である可能性もあります。―テサ二 2:1‐3。

9 そうした危険を思いに留め,インターネットを使うときには,こう自問してください。「自分はインターネットを何のために使っているだろうか。自分の使用方法で霊的な害を受ける可能性があるだろうか。ひょっとすると,他の人を霊的に傷つけたりはしないだろうか」。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

インターネットで得られるサービスと情報資源

ばら11.jpg

インターネットのアドレスそれは何か

インターネットと結ばれている人々がだれなのかは,電子メールのアドレスによって識別できます。あなたは友人に電子メールを送りたいと思っており,その友人の電子メールのアドレスがdrg@tekwriting.comであるとしましょう。 この例では,その人の識別名,つまりログイン名はdrgです。ログイン名には大抵,自分のイニシャルやフルネームが使われます。@マークの次の語は,その人の雇い主,職場,あるいは電子メール・サービスのプロバイダーを表わします。この場合のtekwritingはそうした会社を示しています。アドレスの最後の部分は,友人がログイン名を持っている組織の種類を示しています。この場合のcomとは商業組織のことです。同様に,教育機関はedu,また非営利団体はorgを使うことになっています。さらに,その人の国名のコードを付けるという約束事もあります。例えば,lvg@spicyfoods.arというアドレスは,その持ち主がlvgというログイン名を持ち,spicyfoodsという会社の社員で,その会社がアルゼンチンにあるということを示しています。

  別の種類のアドレスは,インターネット上のウェブ・ドキュメントを示すものです。熱帯雨林の調査に関する情報が,http://www.ecosystems.com/research/forests/rfというアドレスのウェブ・ドキュメントにあるとしましょう。http(ハイパーテキスト転送プロトコル)は,ある種のウェブ・ドキュメントを扱うための約束事を示しています。また,www.ecosystems.comは,ウェブ・サーバー,つまりコンピューターの名前を示しています。この場合は,ecosystemsという名前の企業です。実際のウェブ・ドキュメントは,アドレスの最後の部分の/research/forests/rfです。ウェブのアドレスはしばしば,ユニフォーム・リソース・ロケーター,略してURLと呼ばれています。

[脚注]

これらのアドレスは架空のものです。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットで得られるサービスと情報資源

ばら10.jpg

インターネットの費用はだれが払うか

『インターネットでの遠距離通信の費用はだれが払うのだろう』と不思議に思われるかもしれません。その費用は,企業であれ個人であれ,すべてのユーザーが負担します。しかし,エンド・ユーザーは,他の多くの国のサイトにアクセスしたとしても,必ずしも長距離電話料金を請求されるわけではありません。ほとんどのユーザーは地元の商用インターネット・サービス・プロバイダーと契約しており,多くの場合,プロバイダーはユーザーに対し月ごとに定額の料金を請求します。プロバイダーは普通,地元の電話番号を提供してくれるので,電話料金が余分にかかるのを避けることができます。典型的な使用料金は,月々およそ20j(約2,500円)です。

お分かりのように,インターネットには巨大な潜在能力が秘められています。しかし,この情報スーパーハイウエーに乗るべきでしょうか。

[脚注]

チャット・ルームに注意することの必要性については,後ほど述べます。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

インターネットで得られるサービスと情報資源

ばら9.jpg

“チャット”とは何か

インターネットでよく使われる他のサービスは,インターネット・リレー・チャット,別名チャットです。チャットを使えば,数人の人が変名を使って,リアルタイムでメッセージのやり取りをすることも可能です。チャットはさまざまな年齢層の人々に利用されていますが,特に若い人たちの間で人気があります。これに接続すると,ユーザーは世界各地の他の大勢のユーザーたちと会話できるようになります。

いわゆるチャット・ルーム,別名チャット・チャンネルは,SF,映画,スポーツ,恋愛小説など,特定のテーマを中心にして作られています。一つのチャット・ルームに入力されるメッセージはすべて,そのチャット・ルームの参加者全員のコンピューターの画面に,ほぼリアルタイムで表示されます。

チャット・ルームは,人々がだいたい同じ時間に集まって,一緒になっておしゃべりするようなものです。違いと言えば,話すかわりに全員が短いメッセージを入力することぐらいです。チャット・ルームは普通,1日24時間アクセスできます。もちろんクリスチャンは,コリント第一 15章33節にあるような,交わりに関する聖書の原則を理解しており,それを生活のあらゆる面に適用するのと同じように,チャット・グループへの参加にも適用します。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

posted by 舞姫 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

インターネットで得られるサービスと情報資源

ばら8.jpg

ネットサーフィン

ウェブ・ブラウザを使えば,多くの国々のコンピューターに保存されている情報や色鮮やかな画像を簡単に素早く見ることができます。ウェブ・ブラウザを使うことは,ある意味で実際の旅行に似ていると言えます。ただ,もっと簡単なだけです。ウェブで死海文書の展示場やホロコースト記念博物館を訪れることもできます。インターネット上のウェブの一つのサイトから別のサイトへ素早く行き来するこの能力は普通,ネットサーフィンと呼ばれています。

企業などの組織は,自社の製品やサービスを宣伝したり,他の様々な情報を提供したりする手段として,ウェブに関心を寄せ,ウェブ上にホームページ,つまり電子ショーウインドーのようなものを設けています。ある組織のホームページのアドレスが分かれば,顧客になる可能性のある人々はブラウザを使って“買い物”をしたり,情報を閲覧したりできるようになります。とはいえ,どんな市場でも同じですが,インターネット上で提供されている製品やサービスや情報がすべて健全だというわけではありません。

研究者たちはインターネットの安全性を高め,取り引きを内密かつ安全に行なえるようにしようとしています。(安全性については後ほど詳しく扱います。)こうした商業活動によって回線の混雑が生じたため,別の世界的なインターネットが開発されつつあります。一部の人はこれをインターネットIIと呼んでいます。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットで得られるサービスと情報資源

ばら7.gif

ワールド・ワイド・ウェブ

インターネット上の,ワールド・ワイド・ウェブ(あるいは,ウェブ)と呼ばれる部分では,著者が脚注を入れるという昔ながらのアイディアを新しい方法で使うことができます。雑誌の記事や本の本文中に脚注マークが挿入してあると,読者はそのページの欄外を調べます。別のページや本を参照するよう指示されている場合もあります。インターネットのコンピューター・ドキュメントの著者は,本質的にこれと同じことを行なえます。その際,ドキュメント中の語句や画像に下線を引いたり,ハイライトしたりするテクニックを使います。

ハイライトされた語句や画像は,インターネット上の関連した情報資源,多くの場合,他のドキュメントへ読者を導く道しるべです。読者はインターネットのこのドキュメントをすぐに呼び出して,画面に表示することができます。そのドキュメントはさらに別のコンピューターの中にあるかもしれず,それが別の国にある場合さえあります。「インターネットにアクセスしよう!」の著者であるデービッド・ピールは,このテクニックがあれば,「単に参照箇所が分かるだけでなく,ドキュメントそのものにアクセスできる」と述べています。

ウェブでは,写真,グラフィック,アニメ,ビデオ,サウンドの保存や再生もできます。前の記事の冒頭に出てきた主婦ロウマは,宇宙に関する最新理論を扱った短いカラー映画を入手して再生し,自分のコンピューターのオーディオ・システムを通してナレーションを聞きました。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

インターネットで得られるサービスと情報資源

ばら5.jpg

ファイルの共有と情報の検索

インターネットの本来の目標の一つは,世界中の情報の共有でした。前の記事に出てきた教師はインターネット上で,出来上がっている授業用の資料を喜んで使わせてくれるという別の教育者を見つけました。3,200`ほど隔たっていたにもかかわらず,それらのファイルは数分のうちに転送されました。

ある事柄についての情報がインターネットのどこにあるのか分からない場合は,どんな助けを利用できるでしょうか。電話帳で電話番号を調べるのと同じように,ユーザーはいわゆる検索用サイトにまずアクセスして,インターネットのどこに知りたい情報があるかを見つけることができます。ユーザーが語句を入力すると,そのサイトはインターネット上で情報が見つかりそうな場所のリストを教えてくれます。普通,検索は無料で,ほんの数秒しかかかりません。

前に出てきた農場主は,人工衛星による地図とコンピューターを利用するプレシジョン・ファーミングという新技術のことを耳にしました。そこで,検索用サイトでその言葉を入力することにより,その方法に関する詳しい情報だけでなく,それを使っている農場主の名前を知ることもできました。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

インターネットで得られるサービスと情報資源

ばら4.jpg

ニュースグループ

人気があるもう一つのサービスは,ユーズネットと呼ばれるものです。ユーズネットでは,ニュースグループにアクセスして,特定の話題に関するグループ討議に参加することができます。様々な商品の売買を専ら扱っているニュースグループもあります。ニュースグループは何千とあり,ユーザーは一度ユーズネットに加入してしまえば,そのどれに参加しようと費用はかかりません。

だれかが切手収集関係のニュースグループに加わったとしましょう。このグループの他の参加者からこの趣味についての新しいメッセージが送られると,新たに加わった人もそのメッセージを見ることができるようになります。だれかがこのニュースグループに送った情報だけでなく,それに対する他の人たちの返答も見ることができるのです。例えば,だれかがある切手シリーズについての情報を求めると,たちまち世界中から多くの返答が寄せられ,このニュースグループの参加者全員がその情報をすぐに利用できるようになります。

これと同じような発想から生まれたのが電子掲示板システム(BBS)です。BBSはユーズネットに似ていますが,すべてのファイルが一台のコンピューターに入っており,大抵の場合,一個人かグループがそのコンピューターを維持しているという点が異なります。ニュースグループの内容は,参加者たちの様々な関心や観点や道徳規準を反映しているので,用心する必要があります。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

[19ページの囲み記事]

ポルノをきっぱり避けてください

  「聖なる民にふさわしく,あなた方の間では,淫行やあらゆる汚れまた貪欲が口に上ることさえあってはなりません」。―エフェソス 5:3。

  「ですから,淫行,汚れ,性的欲情,有害な欲望,また強欲……に関して,地上にあるあなた方の肢体を死んだものとしなさい」。―コロサイ 3:5。

  「これが神のご意志であるからです。すなわち……あなた方一人一人が,自分の器をいかに聖化と誉れのうちに所有すべきかを知り,神を知らない諸国民のように貪欲な性欲のままに歩まないことです」。―テサロニケ第一 4:3‐5。

[20,21ページの囲み記事/図版]

チャットルームに用心してください

  ネット犯罪を専門に扱う女性捜査官が,「目ざめよ!」執筆員にインターネットのチャットルームの危険を見せてくれました。捜査官は14歳の女の子のふりをしてチャットルームに入ります。わずか数秒後,幾人かが話しかけてきました。その見知らぬ人たちは,「どこに住んでるの?」,「女の子? それとも男の子?」,「お話できる?」などと聞いてきました。そのうちの数人は警察が追跡している性犯罪容疑者でした。このように,小児性愛者はいとも簡単にあなたのお子さんと同じチャットルームに入り込めるのです。

  チャットルームでの会話は参加者全員に筒抜けなので子どもは安全だ,と考える親もいます。しかし,チャットルームに入ると,一対一の会話に誘われることがあります。“ささやき”とも呼ばれるこの行為について,英国のインターネット児童保護対策委員会はこう警告しています。「それは,人でいっぱいのパーティー会場から出て個室に入り,見知らぬ人と二人きりで会話するようなものだ」。

  さらに,ほとんどの小児性愛者は子どもとチャットするだけでは満足しない,ということを親が理解しておくのも重要です。インターネット犯罪フォーラムが作成した文書によれば,「チャットルームでの接触に始まった関係が,メールや(携帯)電話など他のメディアを通して深まることがある」のです。米国連邦捜査局の報告書はこう述べています。「コンピューターセックス犯にとって,ネット上で子どもと会話することは興奮を誘うが,かなり面倒でもある。大抵は電話で子どもと話すことを望む。子どもと“テレホンセックス”をし,実際に会って本物のセックスをしようとすることも少なくない」。

  そうするために,コンピューターセックス犯は自分の電話番号を教えます。子どもが電話をかけてくると,ナンバーディスプレーで子どもの電話番号が分かります。子どもを食い物にする者たちが,フリーダイヤルの番号を持っている場合や,コレクトコールでかけさせる場合もあります。子どもに携帯電話を送る犯人さえいます。手紙や写真やプレゼントを送ることもあります。

  チャットルームの危険に陥っているのは子どもだけではありません。ある男性は女性の聞きたがることを言葉巧みに話して,英国の6人の女性を同時に自分の恋人にしました。被害者の一人,魅力的な27歳の大学院生シェリルはこう言います。「今でもわけが分かりません。すっかりとりこになってしまったんです」。

  ウィメン・イン・サイバースペースの創設者ジェニー・マッデンは,「女性がサイバースペースを居心地よく感じるのは,外見で評価されないからです」と述べています。「しかし,他人に操られやすい状況に身を置くことにもなります。特にチャットルームでは,自分についてすぐにあれこれ話してしまいやすいからです」。

  フロリダ大学のベアトリス・アビラ・マイルハムが行なった調査で質問に答えたある男性は,「コンピューターをつけるだけで,何千人もの女の中からより取り見取りさ」と言いました。マイルハムはこう述べています。「インターネットはやがて最も一般的な不倫手段となるだろう。すでにそうなっているかもしれない」。また,「セックスとインターネット: 臨床医のためのガイドブック」の編集者アル・クーパー博士は,「ネット上の性行動が夫婦間の問題の大きな原因になっているとの報告が,国内各地のセラピストから届いている」と語っています。

  こうした穏やかならぬ事態を考えると,インターネットを使う際には分別のある予防策を講じるのが賢明と言えます。お子さんと話し合い,危険から身を守る方法を教えてください。正しい知識を持っていれば,インターネット上の危険を避けることができます。―伝道の書 7:12。
posted by 舞姫 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

インターネットで得られるサービスと情報資源

インターネットで得られるサービスと情報資源

インターネットの提供する情報資源の中でも普及しているのは,電子的に郵便を送ったり受け取ったりする世界的なシステムで,電子メールとも言われます。実際,電子メールはインターネットによる通信全体のかなりの部分を占めており,インターネットではこのサービスしか使わないという人も少なくありません。電子メールはどんな仕組みになっているのでしょうか。この疑問に答えるために,まず普通の郵便制度のことを考えてみましょう。

あなたがカナダに住んでいて,モスクワ在住の娘さんに手紙を出したいとします。封筒に宛て先をきちんと書いて投函すると,その手紙の旅は始まります。郵便局などから次の地点,おそらく地域あるいは国の集配センターへ送られ,そこから娘さんの最寄りの郵便局に送られます。

電子メールもそれと同じような過程を経ます。コンピューター上で手紙を書き終えたら,娘さんの電子メールのアドレスを明記しなければなりません。この電子の手紙を送信すると,それは大抵,コンピューターを電話回線経由でインターネットにつなぐモデムという装置を通って,あなたのコンピューターから出て行きます。送信された手紙は,地元や国の郵便物発送施設のような働きをする様々なコンピューターへと向かいます。それらのコンピューターは,その手紙を宛て先のコンピューターに届けるための十分な情報を持っています。こうして娘さんはそれを読めるようになるのです。

電子メールは普通の手紙と異なり,宛て先がたとえ他の大陸にあろうと,ネットワークのどこかが非常に混雑していたり,一時的に故障していたりしないかぎり,普通は数分以内で届きます。娘さんは自分のコンピューターのメールボックス(郵便受け)にあなたからの電子メールが届いているのを見つけます。電子メールはその速さと,同じメールを世界中の複数の人に同時に送ることさえできるという便利さゆえに,コミュニケーションの手段として人気があります。

よく使えばこんなに楽しいものはないかもしれないね。
だって、アフリカやインドなどのきれいな画像が
瞬時に検索できたりするんだもんね。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

聖書の原則は保護となる

数々の危険を検討した後,インターネットは全く使わないほうがよいと結論した人もいます。とはいえ,危険なサイトはごく一部であり,インターネット利用者の大半は深刻な問題を経験していない,という点も考えに入れるとよいでしょう。

ありがたいことに,聖書はわたしたちを危険から「保護する」導きを与えています。知識,知恵,思考力を身につけるようにと勧めています。それらは『わたしたちを守り,悪い道から救い出して』くれます。(箴言 2:10‐14)「しかし知恵―それはどこから来るのか」と,神の古代の僕ヨブは尋ねました。「エホバへの恐れ―これこそ知恵であ(る)」というのが答えです。―ヨブ 28:20,28。

「エホバへの恐れ」は「悪を憎むことを意味」し,神に喜ばれる特性を培うための基盤となります。(箴言 1:7; 8:13; 9:10)神への愛と崇敬の念,また神の力と権威に対する健全な敬意があれば,神の憎まれる悪い事柄を憎んで避けるようになります。明晰な思考力に,神を源とする知識が加わるなら,思いや心や霊性を毒する危険を見分けることができます。家庭を崩壊させエホバとの関係を損なう,利己的で貪欲な態度を憎悪するようになるのです。

ですから,インターネットを使うときには危険を意識してください。神のおきてを守ろうと決意し,有害なものに手を出さないようにしましょう。(歴代第一 28:7)そうすれば,インターネット上で危険に出くわしても賢明に逃げ去ることができるでしょう。―コリント第一 6:18。

箴言2章10〜14節
10 知恵があなたの心に入り,知識があなたの魂に快いものとなるとき,11 思考力があなたを守り,識別力があなたを保護するであろう。12 それは,悪い道から,ゆがんだ事柄を話す者から,13 闇の道を歩むために廉直の道筋を捨てる者たちから,14 悪を行なうことを歓び,悪のゆがんだ事柄を喜んでいる者たちから,あなたを救い出すためである。

ヨブ記28章20節
20 しかし知恵―それはどこから来るのか。
では,悟りのある場所はどこか。

ヨブ記28章20節
28 次いで[神]は人に言われた,
『見よ,エホバへの恐れ―これこそ知恵であり,
悪から離れることが悟りである』」。

箴言1章7節
7 エホバへの恐れは知識の初めである。知恵と懲らしめをただの愚か者は軽んじた。

箴言8章13節
13 エホバへの恐れは悪を憎むことを意味する。自分を高めること,誇り,悪い道,ゆがんだ口をわたしは憎んだ。

箴言9章10節
10 エホバへの恐れは知恵の始めであり,最も聖なる方についての知識が理解なのである。

歴代第一28章7節
7 そして,もし彼が今日のように,わたしのおきてとわたしの司法上の定めを行なおうと堅く決意しているなら,わたしは必ず彼の王権を定めのない時までも堅く立てるであろう』。

コリント第一6章18節
18 淫行から逃げ去りなさい。人が犯すほかの罪はすべてその体の外にありますが,淫行を習わしにする人は自分の体に対して罪をおかしているのです。

自分で選んで自分で責任を取るんだよね。


posted by 舞姫 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

チャットルームに用心してください

ネット犯罪を専門に扱う女性捜査官が,「目ざめよ!」執筆員にインターネットのチャットルームの危険を見せてくれました。捜査官は14歳の女の子のふりをしてチャットルームに入ります。わずか数秒後,幾人かが話しかけてきました。その見知らぬ人たちは,「どこに住んでるの?」,「女の子? それとも男の子?」,「お話できる?」などと聞いてきました。そのうちの数人は警察が追跡している性犯罪容疑者でした。このように,小児性愛者はいとも簡単にあなたのお子さんと同じチャットルームに入り込めるのです。

  チャットルームでの会話は参加者全員に筒抜けなので子どもは安全だ,と考える親もいます。しかし,チャットルームに入ると,一対一の会話に誘われることがあります。“ささやき”とも呼ばれるこの行為について,英国のインターネット児童保護対策委員会はこう警告しています。「それは,人でいっぱいのパーティー会場から出て個室に入り,見知らぬ人と二人きりで会話するようなものだ」。

  さらに,ほとんどの小児性愛者は子どもとチャットするだけでは満足しない,ということを親が理解しておくのも重要です。インターネット犯罪フォーラムが作成した文書によれば,「チャットルームでの接触に始まった関係が,メールや(携帯)電話など他のメディアを通して深まることがある」のです。米国連邦捜査局の報告書はこう述べています。「コンピューターセックス犯にとって,ネット上で子どもと会話することは興奮を誘うが,かなり面倒でもある。大抵は電話で子どもと話すことを望む。子どもと“テレホンセックス”をし,実際に会って本物のセックスをしようとすることも少なくない」。

  そうするために,コンピューターセックス犯は自分の電話番号を教えます。子どもが電話をかけてくると,ナンバーディスプレーで子どもの電話番号が分かります。子どもを食い物にする者たちが,フリーダイヤルの番号を持っている場合や,コレクトコールでかけさせる場合もあります。子どもに携帯電話を送る犯人さえいます。手紙や写真やプレゼントを送ることもあります。

  チャットルームの危険に陥っているのは子どもだけではありません。ある男性は女性の聞きたがることを言葉巧みに話して,英国の6人の女性を同時に自分の恋人にしました。被害者の一人,魅力的な27歳の大学院生シェリルはこう言います。「今でもわけが分かりません。すっかりとりこになってしまったんです」。

  ウィメン・イン・サイバースペースの創設者ジェニー・マッデンは,「女性がサイバースペースを居心地よく感じるのは,外見で評価されないからです」と述べています。「しかし,他人に操られやすい状況に身を置くことにもなります。特にチャットルームでは,自分についてすぐにあれこれ話してしまいやすいからです」。

  フロリダ大学のベアトリス・アビラ・マイルハムが行なった調査で質問に答えたある男性は,「コンピューターをつけるだけで,何千人もの女の中からより取り見取りさ」と言いました。マイルハムはこう述べています。「インターネットはやがて最も一般的な不倫手段となるだろう。すでにそうなっているかもしれない」。また,「セックスとインターネット: 臨床医のためのガイドブック」の編集者アル・クーパー博士は,「ネット上の性行動が夫婦間の問題の大きな原因になっているとの報告が,国内各地のセラピストから届いている」と語っています。

  こうした穏やかならぬ事態を考えると,インターネットを使う際には分別のある予防策を講じるのが賢明と言えます。お子さんと話し合い,危険から身を守る方法を教えてください。正しい知識を持っていれば,インターネット上の危険を避けることができます。―伝道の書 7:12。

伝道の書7章12節
12 金が身の守りである[ように],知恵も身の守りだからである。しかし知識の利点は,知恵がそれを所有する者たちを生きつづけさせることにある。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

posted by 舞姫 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

聖書の原則は保護となる

数々の危険を検討した後,インターネットは全く使わないほうがよいと結論した人もいます。とはいえ,危険なサイトはごく一部であり,インターネット利用者の大半は深刻な問題を経験していない,という点も考えに入れるとよいでしょう。

ありがたいことに,聖書はわたしたちを危険から「保護する」導きを与えています。知識,知恵,思考力を身につけるようにと勧めています。それらは『わたしたちを守り,悪い道から救い出して』くれます。(箴言 2:10‐14)「しかし知恵―それはどこから来るのか」と,神の古代の僕ヨブは尋ねました。「エホバへの恐れ―これこそ知恵であ(る)」というのが答えです。―ヨブ 28:20,28。

「エホバへの恐れ」は「悪を憎むことを意味」し,神に喜ばれる特性を培うための基盤となります。(箴言 1:7; 8:13; 9:10)神への愛と崇敬の念,また神の力と権威に対する健全な敬意があれば,神の憎まれる悪い事柄を憎んで避けるようになります。明晰な思考力に,神を源とする知識が加わるなら,思いや心や霊性を毒する危険を見分けることができます。家庭を崩壊させエホバとの関係を損なう,利己的で貪欲な態度を憎悪するようになるのです。

ですから,インターネットを使うときには危険を意識してください。神のおきてを守ろうと決意し,有害なものに手を出さないようにしましょう。(歴代第一 28:7)そうすれば,インターネット上で危険に出くわしても賢明に逃げ去ることができるでしょう。―コリント第一 6:18。

箴言2章10〜14節
10 知恵があなたの心に入り,知識があなたの魂に快いものとなるとき,11 思考力があなたを守り,識別力があなたを保護するであろう。12 それは,悪い道から,ゆがんだ事柄を話す者から,13 闇の道を歩むために廉直の道筋を捨てる者たちから,14 悪を行なうことを歓び,悪のゆがんだ事柄を喜んでいる者たちから,あなたを救い出すためである。

ヨブ記28章20節
20 しかし知恵―それはどこから来るのか。
では,悟りのある場所はどこか。

ヨブ記28章28節
28 次いで[神]は人に言われた,
『見よ,エホバへの恐れ―これこそ知恵であり,
悪から離れることが悟りである』」。

箴言1章7節
7 エホバへの恐れは知識の初めである。知恵と懲らしめをただの愚か者は軽んじた。

箴言8章13節
13 エホバへの恐れは悪を憎むことを意味する。自分を高めること,誇り,悪い道,ゆがんだ口をわたしは憎んだ。

箴言9章10節
10 エホバへの恐れは知恵の始めであり,最も聖なる方についての知識が理解なのである。

歴代第一28章7節
7 そして,もし彼が今日のように,わたしのおきてとわたしの司法上の定めを行なおうと堅く決意しているなら,わたしは必ず彼の王権を定めのない時までも堅く立てるであろう』。

コリント第一6章18節
18 淫行から逃げ去りなさい。人が犯すほかの罪はすべてその体の外にありますが,淫行を習わしにする人は自分の体に対して罪をおかしているのです。

ヤフーのブロクでこれほどエロトラックバックが送られてくることはない。どこか違うのかな?


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター


posted by 舞姫 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

チャットルームに用心してください

  ネット犯罪を専門に扱う女性捜査官が,「目ざめよ!」執筆員にインターネットのチャットルームの危険を見せてくれました。捜査官は14歳の女の子のふりをしてチャットルームに入ります。わずか数秒後,幾人かが話しかけてきました。その見知らぬ人たちは,「どこに住んでるの?」,「女の子? それとも男の子?」,「お話できる?」などと聞いてきました。そのうちの数人は警察が追跡している性犯罪容疑者でした。このように,小児性愛者はいとも簡単にあなたのお子さんと同じチャットルームに入り込めるのです。

  チャットルームでの会話は参加者全員に筒抜けなので子どもは安全だ,と考える親もいます。しかし,チャットルームに入ると,一対一の会話に誘われることがあります。“ささやき”とも呼ばれるこの行為について,英国のインターネット児童保護対策委員会はこう警告しています。「それは,人でいっぱいのパーティー会場から出て個室に入り,見知らぬ人と二人きりで会話するようなものだ」。

  さらに,ほとんどの小児性愛者は子どもとチャットするだけでは満足しない,ということを親が理解しておくのも重要です。インターネット犯罪フォーラムが作成した文書によれば,「チャットルームでの接触に始まった関係が,メールや(携帯)電話など他のメディアを通して深まることがある」のです。米国連邦捜査局の報告書はこう述べています。「コンピューターセックス犯にとって,ネット上で子どもと会話することは興奮を誘うが,かなり面倒でもある。大抵は電話で子どもと話すことを望む。子どもと“テレホンセックス”をし,実際に会って本物のセックスをしようとすることも少なくない」。

  そうするために,コンピューターセックス犯は自分の電話番号を教えます。子どもが電話をかけてくると,ナンバーディスプレーで子どもの電話番号が分かります。子どもを食い物にする者たちが,フリーダイヤルの番号を持っている場合や,コレクトコールでかけさせる場合もあります。子どもに携帯電話を送る犯人さえいます。手紙や写真やプレゼントを送ることもあります。

  チャットルームの危険に陥っているのは子どもだけではありません。ある男性は女性の聞きたがることを言葉巧みに話して,英国の6人の女性を同時に自分の恋人にしました。被害者の一人,魅力的な27歳の大学院生シェリルはこう言います。「今でもわけが分かりません。すっかりとりこになってしまったんです」。

  ウィメン・イン・サイバースペースの創設者ジェニー・マッデンは,「女性がサイバースペースを居心地よく感じるのは,外見で評価されないからです」と述べています。「しかし,他人に操られやすい状況に身を置くことにもなります。特にチャットルームでは,自分についてすぐにあれこれ話してしまいやすいからです」。

  フロリダ大学のベアトリス・アビラ・マイルハムが行なった調査で質問に答えたある男性は,「コンピューターをつけるだけで,何千人もの女の中からより取り見取りさ」と言いました。マイルハムはこう述べています。「インターネットはやがて最も一般的な不倫手段となるだろう。すでにそうなっているかもしれない」。また,「セックスとインターネット: 臨床医のためのガイドブック」の編集者アル・クーパー博士は,「ネット上の性行動が夫婦間の問題の大きな原因になっているとの報告が,国内各地のセラピストから届いている」と語っています。

  こうした穏やかならぬ事態を考えると,インターネットを使う際には分別のある予防策を講じるのが賢明と言えます。お子さんと話し合い,危険から身を守る方法を教えてください。正しい知識を持っていれば,インターネット上の危険を避けることができます。―伝道の書 7:12。

伝道の書7章12節
12 金が身の守りである[ように],知恵も身の守りだからである。しかし知識の利点は,知恵がそれを所有する者たちを生きつづけさせることにある。



無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

ポルノをきっぱり避けてください

  「聖なる民にふさわしく,あなた方の間では,淫行やあらゆる汚れまた貪欲が口に上ることさえあってはなりません」。―エフェソス 5:3。

  「ですから,淫行,汚れ,性的欲情,有害な欲望,また強欲……に関して,地上にあるあなた方の肢体を死んだものとしなさい」。―コロサイ 3:5。

  「これが神のご意志であるからです。すなわち……あなた方一人一人が,自分の器をいかに聖化と誉れのうちに所有すべきかを知り,神を知らない諸国民のように貪欲な性欲のままに歩まないことです」。―テサロニケ第一 4:3‐5。



無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

聖書の原則は保護となる

数々の危険を検討した後,インターネットは全く使わないほうがよいと結論した人もいます。とはいえ,危険なサイトはごく一部であり,インターネット利用者の大半は深刻な問題を経験していない,という点も考えに入れるとよいでしょう。

ありがたいことに,聖書はわたしたちを危険から「保護する」導きを与えています。知識,知恵,思考力を身につけるようにと勧めています。それらは『わたしたちを守り,悪い道から救い出して』くれます。(箴言 2:10‐14)「しかし知恵―それはどこから来るのか」と,神の古代の僕ヨブは尋ねました。「エホバへの恐れ―これこそ知恵であ(る)」というのが答えです。―ヨブ 28:20,28。

「エホバへの恐れ」は「悪を憎むことを意味」し,神に喜ばれる特性を培うための基盤となります。(箴言 1:7; 8:13; 9:10)神への愛と崇敬の念,また神の力と権威に対する健全な敬意があれば,神の憎まれる悪い事柄を憎んで避けるようになります。明晰な思考力に,神を源とする知識が加わるなら,思いや心や霊性を毒する危険を見分けることができます。家庭を崩壊させエホバとの関係を損なう,利己的で貪欲な態度を憎悪するようになるのです。

ですから,インターネットを使うときには危険を意識してください。神のおきてを守ろうと決意し,有害なものに手を出さないようにしましょう。(歴代第一 28:7)そうすれば,インターネット上で危険に出くわしても賢明に逃げ去ることができるでしょう。―コリント第一 6:18。

箴言2章10〜14節
10 知恵があなたの心に入り,知識があなたの魂に快いものとなるとき,11 思考力があなたを守り,識別力があなたを保護するであろう。12 それは,悪い道から,ゆがんだ事柄を話す者から,13 闇の道を歩むために廉直の道筋を捨てる者たちから,14 悪を行なうことを歓び,悪のゆがんだ事柄を喜んでいる者たちから,あなたを救い出すためである。

ヨブ記28章20節
20 しかし知恵―それはどこから来るのか。
では,悟りのある場所はどこか。

ヨブ記28章28節
28 次いで[神]は人に言われた,
『見よ,エホバへの恐れ―これこそ知恵であり,
悪から離れることが悟りである』」。

箴言1章7節
7 エホバへの恐れは知識の初めである。知恵と懲らしめをただの愚か者は軽んじた。

箴言8章13節
13 エホバへの恐れは悪を憎むことを意味する。自分を高めること,誇り,悪い道,ゆがんだ口をわたしは憎んだ。

箴言9章10節
10 エホバへの恐れは知恵の始めであり,最も聖なる方についての知識が理解なのである。

歴代第一28章7節
7 そして,もし彼が今日のように,わたしのおきてとわたしの司法上の定めを行なおうと堅く決意しているなら,わたしは必ず彼の王権を定めのない時までも堅く立てるであろう』。

コリント第一6章18節
18 淫行から逃げ去りなさい。人が犯すほかの罪はすべてその体の外にありますが,淫行を習わしにする人は自分の体に対して罪をおかしているのです。



無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

チャットルームの危険

インターネットのチャットルームは時間の浪費となるだけでなく,人間関係を破綻させるものとして注目を集めています。ある男性は妻がインターネットに多くの時間を費やすことにいら立ち,こう書いています。「妻は仕事から帰るとすぐにパソコンのスイッチを入れます。5時間以上使い続けることもあり,そのせいで結婚生活が危うくなっています」。インターネットを使っている間はずっと,配偶者や家族から切り離されているのです。

結婚相談機関「リレート」の最高責任者アンジェラ・シブソンによれば,インターネットは「他の関係への入口」です。「そうした関係が非常に強くなり,既存の関係を壊してしまうこともあります」。チャットルームでの気さくな会話が,たちまち深刻なものに発展する場合があります。「心のこうかつな」人は不道徳な関係を求めて「滑らかな舌」を用い,ねらった相手が聞きたがることを話します。(箴言 6:24; 7:10)英国で被害に遭った26歳のニコラはこう言います。「まるで愛の集中砲火でした。彼が,君はすてきだと言い続けたので,まんまとだまされてしまいました」。「セックスとインターネット: 臨床医のためのガイドブック」(英語)の編集者アル・クーパー博士は,「ネット上での戯れの恋から始まって離婚に終わるケースがあまりに多いので,この滑りやすい坂道について人々に警告」しなければならないと述べています。

特に子どもは,“コンピューターセックス犯”のえじきにされ,被害を受けやすいと言えます。小児性愛者は「曲がった話し方」や「ねじくれた唇」を用いて,経験の浅い子どもをねらいます。(箴言 4:24; 7:7)子どもに気遣いや愛情や親切をたっぷり示し,その子が自分は特別だと感じるように仕向けます。好きな音楽や趣味など,子どもが関心のあるものは何でも知っているかのように見せかけます。家庭内のささいな問題を大げさに取り上げ,子どもと家族との間に溝を作ろうとします。よこしまな欲望を遂げるために,ねらっている子どもを呼び寄せようとして旅行用の切符を送ることまでします。その結果を考えるとぞっとします。

箴言6章24節
24 それは,あなたを悪い女から,異国の女の滑らかな舌から守るためである。

箴言7章10節
10 すると,見よ,遊女の衣をまとった,心のこうかつな女が彼に会う。

箴言4章24節
24 曲がった話し方を自分から取り除き,ねじくれた唇を自分から遠ざけよ。

箴言7章7節
7 経験のない者たちをよく見ようとしてであった。わたしは子らの中に心の欠けた若者がいるかどうかを知ることに関心があったからである。



無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

注意が必要

聖書は幾世紀も前から,よこしまな人々が及ぼす危険について警告し,そうした人々を「悪いことを考え出す名人」や「悪をたくらむ者」と呼んでいます。(箴言 24:8)預言者エレミヤは,その人々が「邪悪な者たち」であり,その「家も欺きで満ちている」と述べました。彼らは鳥を捕る者のように,人間を捕らえて「富を得る」ために「破滅を来たすわなを仕掛け」ます。(エレミヤ 5:26,27)科学技術により,現代の「邪悪な者たち」は新しいわなを手にするようになりました。では,クリスチャンにとって深刻な危険となりかねない策略を幾つか考えてみましょう。

インターネット・ポルノは,毎年25億?(約2,800億円)も売り上げる一大産業です。ポルノ・ウェブページの数は過去5年間に18倍近い爆発的な増加を見ています。現在そのようなページが2億6,000万あると推定されており,その数はかつてない速さで増え続けています。「今では,ポルノがインターネット上であまりにも氾濫しているため,望まない接触を避けるのが難しく,サイバーセックス中毒の危険が高まっている」と,ネット依存症センターの理事キンバリー・S・ヤング博士は言います。

「おのおの自分の欲望に引き出されて誘われることにより試練を受ける」と,聖書は述べています。(ヤコブ 1:14)ポルノ業者は,コンピューターを持っているあらゆる人をわなにかけようとして様々な方策を用います。それぞれの人の「欲望」つまり「肉の欲望と目の欲望」をくすぐろうとするのです。(ヨハネ第一 2:16)そのねらいは,不用心なインターネット利用者を「たぶらかそうとして」,誘う,あるいは「バインの聖書用語解説辞典」(英語)によると「えさでおびき寄せる」ことです。―箴言 1:10。

聖書時代の邪悪な者と同様,ポルノ業者はしばしば欺きを用います。新しい客を強引に獲得しようとして毎日およそ20億通ものポルノメールが送られていると推定されています。そうした迷惑メールには,無害と思わせる件名が付けられていることが少なくありません。メールを開くとわいせつな画像が次々に出てきて,止めるのが困難です。メーリングリストからの削除を要求すると,かえってもっと多くの迷惑ポルノメッセージが押し寄せるかもしれません。

鳥を捕る者は通り道に注意深くえさをまきます。不用心な鳥がおいしいえさを一粒ずつ食べていくと,突然「バチン!」とわなが閉じます。同じように,人は好奇心に駆られて,性的な刺激を与える画像を少しだけ見ます。人目を避けてそうします。興奮を感じ,刺激的で強烈な画像を見る頻度が増していきます。やましさや罪悪感に悩まされるかもしれません。しかしそのうち,かつてはショッキングだったものが当たり前になります。ポルノを見たいと思う人にとってインターネットは肥料のように作用し,欲望を急速に成長させて罪深い行動に至らせます。(ヤコブ 1:15)そのような人は「道義を忘れた反社会的な情欲を核とする“闇の側面”」を持つようになりかねないと,臨床心理学者のビクター・クライン博士は述べています。同博士は,このわなにかかった大勢の患者を治療した経験があります。

箴言24章8節
8 悪をたくらむ者は,ただ悪いことを考え出す名人,と呼ばれるであろう。

エレミヤ5章26.27節
26 「『わたしの民の中に邪悪な者たちが見いだされたからである。彼らは鳥を捕る者がうずくまるときのようにうかがっている。彼らは破滅を来たす[わな]を仕掛けた。彼らが捕らえるのは人間である。27 かごが飛ぶ生き物で満ちているように,彼らの家も欺きで満ちている。それゆえに,彼らは大いなる者となって富を得る。


ヤコブ1章14節
14 むしろ,おのおの自分の欲望に引き出されて誘われることにより試練を受けるのです。

ヨハネ第一2章16節
16 すべて世にあるもの―肉の欲望と目の欲望,そして自分の資力を見せびらかすこと―は父から出るのではなく,世から出るからです。

箴言1章10節
10 我が子よ,罪人があなたをたぶらかそうとしても応じてはならない。

ヤコブ1章15節
15 次いで欲望は,はらんだときに,罪を産みます。そして罪は,遂げられたときに,死を生み出すのです。



無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

posted by 舞姫 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

インターネット―どうすれば危険を避けられるか

インドの片田舎の村で農家の人が,作物を売る最善のタイミングを判断するために米国シカゴの大豆の価格を調べます。時を同じくして,年金生活を送る女性が孫からのメールを読んでほほえみ,旅行者が行き先の天気予報を確認し,母親が子どもの宿題に役立つ資料を見つけます。いずれもインターネットのおかげです。世界中で6億人が接続していると見られるインターネットは,通信やビジネスの方法に革命的な変化をもたらしました。

ネット世代とも呼ばれる若い世代にとって,インターネットはまさに必需品です。主な情報源として図書館の代わりにインターネットを利用する学生が増えています。「早い話,これらの学生は……事実上100%インターネットに頼っている」と,米国の大学4年生を対象とした調査の責任者ディアナ・L・ティリッシュは言います。確かに,インターネットは現代社会における有用な道具です。

一般的に,道具は強力になればなるほど危険性も増します。例えば,チェーンソーは普通ののこぎりと比べてはるかに効率的ですが,慎重に扱う必要があります。同じように,インターネットも非常に強力で有用ですが,使うに当たっては注意が必要です。やはり大きな危険を伴うからです。そうした危険に対する懸念ゆえに,欧州評議会の40以上の加盟国は,社会をネット犯罪から守るための国際協定の草案を作成しました。

なぜそれほど懸念されているのでしょうか。クリスチャンが特に用心すべきどんな危険がありますか。インターネットの使用は避けたほうがよいのでしょうか。聖書はどんな導きを与えていますか。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット注意すべきなのはなぜか

時間はどれほど貴重か

この20世紀において,生活は次第に複雑さを増してきました。一部の人の益になった発明品が,多くの人の時間を浪費させるものとなった場合は少なくありません。また,不道徳で暴力的なテレビ番組,ポルノ本,人を堕落させる音楽のレコードなどは,科学技術が誤用された例です。それらは貴重な時間を浪費するだけでなく,人々の霊性を損ないます。

  もちろん,クリスチャンは,日々の聖書朗読,ものみの塔協会の「ものみの塔」誌や「目ざめよ!」誌や他の出版物の中で論じられているかけがえのない聖書の真理に精通することなど,霊的な事柄を第一にします。永続する益はネットサーフィンからではなく,時間をかけて,唯一まことの神とそのみ子であられるイエス・キリストの知識を取り入れ,それを熱心に当てはめることから来るのです。―ヨハネ 17:3。エフェソス 5:15‐17もご覧ください。

ヨハネ17章3節
3 彼らが,唯一まことの神であるあなたと,あなたがお遣わしになったイエス・キリストについての知識を取り入れること,これが永遠の命を意味しています。

エフェソス5章15〜17節
15 ですからあなた方は,自分の歩き方をしっかり見守って,それが賢くない者ではなく賢い者の[歩き方]であるようにし,16 自分のために,よい時を買い取りなさい。[今は]邪悪な時代だからです。17 それゆえ,もはや道理をわきまえない者となってはなりません。むしろ,何がエホバのご意志であるかを見分けてゆきなさい。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット注意すべきなのはなぜか

礼儀正しさと注意が必要

礼儀正しさ

  礼儀正しさや儀礼を学んでください。大抵のインターネット・サービス・プロバイダーは,振る舞いに関して,配慮の行き届いた好ましい指針を発表しています。他のユーザーはあなたの思いやりと良いマナーに感謝することでしょう。

注意

  中には,宗教問題や物議を醸す問題について討論するグループもあります。そうした討論にコメントを寄せることについては注意してください。あなたの電子メールのアドレスと名前がグループの全員に知れ渡ることになるかもしれません。それがきっかけで,時間の浪費となる,したくもないようなやり取りをする結果になる場合は少なくありません。確かに,意見の交換はもちろんのこと,読むのもふさわしくないようなニュースグループもあるのです。

  仲間のクリスチャンのための話し合いの場,つまりニュースグループを作ることはどうでしょうか。このことは,当初考えていたよりも大きな問題や危険を生むことになりかねません。例えば,隠れた動機を持った人々がインターネット上で自分を偽ることは周知の事実です。今のところ,インターネット自体では,アクセスしてくる個々の人の身元を確認することができません。さらに,そうしたグループはある意味で,進行中の大きな社交パーティーに例えることができます。必要かつきちんとした監督を行なうには,時間や能力の面で主催者に重い負担がかかります。―箴言 27:12と比較してください。

箴言27章12節
12 災いを見た明敏な者は身を隠した。進んで行った経験のない者は報いを身に受けた。



無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット注意すべきなのはなぜか

平衡の取れた見方を保つ

インターネット上で得られるデータの一部やサービスの多くは教育的に価値があり,有益な目的にかないます。社内のネットワーク,つまりイントラネットに内部資料を蓄積する会社はますます増えています。インターネットでの映像と音声を使った会議の出現によって,従来の出張と会議のパターンは永久に変化する可能性があります。企業はインターネットを通じて自社のコンピューターソフトを販売し,コストを削減しています。現在,人を介して商取引を行なっている,旅行業者や証券会社などの多くのサービスは,インターネットのユーザーがそうした業務の一部あるいは全部を扱えるようになるにつれて,影響を被ることでしょう。そうです,インターネットは大きな影響を及ぼしており,これからも情報交換や商取引や意思伝達の重要なメディアであり続けることでしょう。

ほとんどの道具と同じように,インターネットには有益な用途があります。しかし,誤用される可能性もあります。インターネットの積極的な側面をさらに検討することにする人もいれば,そうしない人もいることでしょう。クリスチャンは個人的な問題において他の人が下した決定を裁く権限を与えられてはいません。―ローマ 14:4。

インターネットの使用は,初めての国への旅行に例えることができます。初めて見たり聞いたりする事柄がたくさんあります。旅行する際には,良いマナーを示し,賢明な予防措置を講じる必要があります。インターネット,つまり情報スーパーハイウエーを使うことにしたなら,同じようにする必要があります。

[12ページの拡大文]

「パソコンは息子の部屋にではなく,家族が自由に出入りできるところに置いています」

[13ページの拡大文]

インターネットは公共の場であり,子守として使うべきものではない

ローマ14章4節
4 他の人の家僕を裁くとは,あなたはだれなのですか。その人が立つも倒れるも,それはその主人に対してのことなのです。実際,その人は立つようにされるでしょう。エホバはその人を立たせることができるからです。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター
posted by 舞姫 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット注意すべきなのはなぜか

親の指導が必要

上のようなケースは比較的まれであるとはいえ,親はこの問題を注意深く検討しなければなりません。犯罪や虐待の標的にならないよう子供を保護するため,親はどんな措置を講じることができるでしょうか。

企業は様々なツールを提供し始めています。それらは,映画と同じようなランク付けシステムから,望ましくない内容にアクセスできなくする語句検知ソフトや年齢証明システムまで様々です。データが家のコンピューターに届く前に,それをブロックするシステムもあります。しかし,こうしたシステムのほとんどは万全ではなく,さまざまな方法で回避することが可能です。忘れないでいただきたいのは,インターネットが本来,破壊に耐えられるように作られており,それゆえに検閲が困難であることです。

「目ざめよ!」誌のインタビューに対し,カリフォルニア州で児童虐待捜査グループを指揮しているある巡査部長は次のようなアドバイスをしてくれました。「親の指導に代わるものはありません。うちにも12歳の子供がいます。妻と私は息子がインターネットを使うのを許してきましたが,使う時は家族で一緒に使い,それにどのくらいの時間をかけるかを注意深く制限しています」。この父親はチャット・ルームに特に注意を払い,その使用について子供にきちんとした制限を課しています。彼はさらにこう述べています。「パソコンは息子の部屋にではなく,家族が自由に出入りできるところに置いています」。

子供にインターネットを使わせる場合,親は積極的な関心を払い,どのような使い方を許すかを決める必要があります。事前にどんな実際的かつ道理にかなった対策を講じることができるでしょうか。

サンノゼ・マーキュリー・ニューズ紙専属の執筆家デービッド・プロトニコフは,家庭でインターネットを使うことにした親たちに対し,次のような有益な提案をしています。

● 子供たちが最も建設的な経験をするのは,親と一緒にインターネットを使い,親の判断や指導の価値を学ぶ時です。親の手引きがないなら,「インターネット上の情報はどれも皆,入れるコップのない水のようなものだ」とプロトニコフは警告しています。インターネットに関して親が規則を与えるとしても,それは「親が子供にいつも言って聞かせている常識的な事柄の延長」です。見知らぬ人と話すことに関する規則はその一例です。

● インターネットは公共の場であり,子守として使うべきものではありません。「なんと言っても,10歳の我が子を大都会にほうり出し,二,三時間遊んでおいでなどと言ったりはしないのではないでしょうか」。

● インターネット上で,ゲームやチャットをする場所と宿題に役立つ情報が得られる場所との違いを見分けられるようになってください。

「情報ハイウエーにおける子供の安全」というNCMECのパンフレットが提供している,子供たちへの指針は以下のとおりです。

● 自分の住所,家の電話番号,学校の名前や所在地など,個人的な情報を明らかにしてはなりません。親の許可がないかぎり,自分の写真を送ってはなりません。

● 不快な情報を受け取った場合は,すぐに親に知らせましょう。悪意に満ちた,あるいは攻撃的なメッセージには絶対に返事を出してはなりません。すぐに親に話してください。そうすれば,親はそのことをオンライン・サービスに連絡できます。

● インターネットを使用する時間帯や長さやアクセスしてもよい場所などについて,親が規則を定めるとしても,それに協力し,親の決定をきちんと守るようにしてください。

予防対策は大人にとっても有益であることを覚えておきましょう。大人の中にも,不注意から好ましくない関係や重大な問題に陥ってしまった人がいるのです。チャット・ルームの持つ不思議な雰囲気,つまり,顔を合わさないことや変名を使って匿名で話せることから,ある人々は抑制力が弱まり,誤った安心感を抱くようになりました。大人の皆さん,注意してください。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

posted by 舞姫 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット注意すべきなのはなぜか

子供をえじきにする者たちに気をつける

最近のニュース報道によると,一部の小児性愛者たちがオンライン上での子供たちのチャットに加わっています。これらの大人は子供を装い,疑うことを知らない子供たちから巧みに名前と住所を聞き出してきました。

行方不明児・被虐待児情報全国センター(NCMEC)は,こうした行為の幾つかを詳細に記録しています。例えば,1996年,警察は米国サウスカロライナ州出身の少女二人を発見しました。二人は13歳と15歳で,1週間にわたって行方不明になっていました。インターネットで知り合った18歳の男性と別の州に行っていたのです。35歳の男性は,14歳の少年を両親の不在時に誘い出し,不法な性関係を持ったかどで告発されました。どちらのケースもインターネットのチャット・ルームでの会話が発端となりました。1995年のこと,別の大人はオンライン上で15歳の少年と知り合い,大胆にも学校までその少年に会いに行きました。また,14歳の少女と性関係を持ったことを認めている大人もいます。この少女は父親のコンピューターを使い,電子掲示板を通じて十代の若者たちと会話していました。彼女もインターネット上でこの大人と知り合いました。これらの子供たちは皆,結局言いくるめられて,自分の名前や住所を教えてしまいました。


無料カウンター


現在の閲覧者数:
無料カウンター

posted by 舞姫 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット注意すべきなのはなぜか

インターネット注意すべきなのはなぜか

インターネットが教育の分野や日常の意思伝達における可能性を秘めていることは確かです。しかし,ハイテクという輝きを取り去ると,インターネットも,長い間テレビや電話や新聞や図書を悩ませてきたのと同じ問題の幾つかに悩まされています。ですから,インターネットの内容は自分と自分の家族にふさわしいものだろうか,と尋ねるのは当を得ています。

インターネット上でポルノを見られることについては多数の報告が寄せられてきました。しかし,これはインターネットが,性的に倒錯した変質者でいっぱいの汚水だめに過ぎないという意味でしょうか。一部の人は,そんなのはひどく誇張した話だと言います。意識的に,また故意にそうしようとしない限り,いかがわしいデータに出くわすことはないと言うのです。

確かに,意図的にそうしようとしない限り,不健全なデータに出くわすことはありません。しかし,インターネット上では他よりもそうしたものを探すのがずっと簡単だと言う人もいます。ユーザーは幾つかの字を入力するだけで,音声や映像を含む,性的に露骨な画像などのエロチックなデータを探し出すことができます。

インターネット上でどれほど多くのポルノが入手可能かという問題については,現在,激しい議論がなされています。倒錯の問題を示唆する報告は大げさかもしれないと感じている人もいます。それでも,自分の家の裏庭に毒ヘビがいると知ったら,それが100匹ではなくほんの数匹だからといって,家族の安全に対する心配が減るでしょうか。インターネットにアクセスする人たちが注意力を働かせるのは賢明なことです。
posted by 舞姫 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。